ごあいさつ

 

約10年暮らしたニュージーランドを離れ、知り合いもいないロサンゼルスに引っ越したのが2011年。最初の半年間は ビザの関係で働く事もできず、治安を恐れて昼間しか外出せず、毎日のように散歩に出ていたものの精神的な引きこもり、 とでも言うのでしょうか。味わった事の無い閉塞感を感じていました。

 

それまで自由気ままに生活していた私には想像以上に苦痛の毎日で、体中に蕁麻疹が出るわ、 白髪は一気に増えるわ、生理も不順になるわで それはそれはもうストレスいっぱいの毎日。

 

絶対にならない、と思っていた専業主婦の生活で 毎日することは家事のみ。 どんどんと社会生活から離れていく不安。 私って職にできる技術も無い、と落ち込む日々。。。 今振り返れば全く私らしくない半年間、でも自分と向き合う為に必要な月日だったと思います。

 

そんな中で出逢ったミシンでの物づくりは、一つの物が完成する度に達成感を味わい、それが積み重なる事で自分にも何かできる、という自信を取り戻させてくれました。

 

クラスメートにも恵まれました。何を作っても褒めてくれるクラスメート達。 作品の出来栄え、完成するまでの過程を含めてとにかくお互いの努力を褒め合う環境。自分の居場所ができた、という嬉しさもありました。

 

自分の意識がポジティブに向き始めると 周りの環境も変化するもので、徐々に様々な事で忙しくもなり、 やっとアメリカでの生活が動き出したのを実感したのでした。

 

 

このサイトは、そんな経験をもとに今を超ポジティブに生きる女の生活をご紹介しながら、毎日ちょっとの創造力と好奇心で生活や人生を豊かにできる!そんな思いを皆様と共有できればと思っています。